外壁塗装に使用する塗料の選択基準

外壁塗装に使用する塗料の選択基準

外壁塗装を検討する際、塗料に様々な種類があってどれを選んだらいいのかわからない、という人も多いかもしれません。塗料にはどのような選択基準があるのでしょうか。塗料を選ぶ上では「グレード」と「機能」の両方を検討する必要があります。グレードは主成分の違いで、それによって耐久性や価格に差がつきます。一番安いのはウレタン塗料ですが、耐久年数が短くあまり使われていません。最も一般的なのは価格と耐久性のバランスが良いシリコン塗料です。フッ素塗料は塗膜が硬く耐久性に優れているのが特徴です。無機塗料はセラミックやケイ素を原料とし、一番長持ちしますが価格が高めとなっています。機能としては遮熱や低汚染、防水・防カビのほか「ラジカル制御」といって塗料を劣化させる要因となるラジカルの発生を防ぐものもあり人気となっています。外壁塗装を行う際は費用対効果を考え、また取り入れたい機能も十分に検討したうえで塗料を選ぶのがおすすめです。

外壁塗装によって得られる代表的な効果とは

一口に外壁塗装といってもその効果はさまざまです。一般的に外観を良くすることが目的となっていますが、ほかの理由で実施するケースも少なくありません。外観のために実施した場合でも、ほかの面で恩恵を得られることも多いです。たとえば、雨水の入り込みを防げることも大きなポイントです。資材の隙間にはわずかな空間があり、そこはコーキングで埋めるのが一般的となっています。しかしそれでもやはり多少は入ってしまう可能性があるのです。外壁塗装が万全に行われていれば、その些細なスペースさえも無くすことが可能です。さらに紫外線による劣化を防ぐ効果を持つ塗料も登場しています。紫外線には物質を色褪せさせる作用があり、それを受けた外壁は劣化して行きます。この速度を遅くできるというメリットがあり、結果的に次回までの実施をかなり先延ばしにできます。一回あたりの単価は高くなりますか、期間単位で見た場合のコストパフォーマンスは悪くありません。

横浜 外壁塗装に関する情報サイト
知っておきたい外壁塗装のポイント

このサイトでは外壁塗装を成功させるために知っておきたい、つまずきがちなポイントなどを詳しく解説しています。塗装をすることにより、美しい外観を実現したい場合に役立ちます。外壁の塗装は様々な自然現象によって劣化していってしまうため、定期的な塗直しが肝心です。外壁の塗装には特徴の異なる様々な塗料が使われています。それらの中からどれを使ったら良いのか、選択基準を参考にしてベストなものを用いることをおすすめします。

Search